So-net無料ブログ作成

人工呼吸器「外した」ALS専門医9人(読売新聞)

 全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病の「筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)」の治療で、調査に回答した医師の約2割(287人)が、患者や家族から生命の維持に必要な人工呼吸器を外してほしいと頼まれた経験があり、うち9人が過去に外したことがあると答えたことが、北里大などの調査でわかった。

 調査の概要は22日、東京都内で開かれた日本神経学会で発表された。昨年3月、日本神経学会の専門医約4500人に行い、1495人(34%)から回答があった。人工呼吸器を外した時期などについては不明。

 人工呼吸器を外す権利については、今後、何らかの条件がクリアできれば認めるべきが59%だったのに対し、「認めるべきではない」は24%だった。

 ALSは進行すると自力呼吸ができなくなり、人工呼吸器が必要になる。この日の学会では、患者や家族から「いったん呼吸器外しが認められると、周囲のサポートなしでは生きていけない患者に圧力がかかる」という意見も出された。

 人工呼吸器外しをめぐっては、富山県の射水市民病院で、末期がんなどの患者7人の人工呼吸器を外し死亡させたとして医師2人が殺人容疑で書類送検されたが、2009年、嫌疑不十分のため不起訴となった。国は07年に終末期医療の指針をまとめているが、中止の具体的な基準には触れていない。

お年寄りを救出した女子高生らに感謝状(産経新聞)
<指定薬物販売容疑>ラッシュ9千本密売か、警視庁が男逮捕(毎日新聞)
酔って市営地下鉄の駅員に暴行…したのは大阪市職員、逮捕(産経新聞)
北教組事件 長田被告初公判 うそで塗り固めた「聖職者」(産経新聞)
口蹄疫 最上級種牛を殺処分 ワクチン接種開始(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。